ミルクティーレイヤーボブ

担当:KEIKO

 

 

 

ミルクティーレイヤーボブ

ご本人の希望はミルクティー色だけど、あまりオレンジっぽい色味にはしたくないということだったので、まずはブリーチで髪の新生部と既染部のムラを馴染ませながら16トーンまで明るくした。

そして16トーンのベースに薄めのラベンダースモーキーアッシュをのせて淡いミルクティー色を表現。
スモーキーアッシュのカラーをかぶせることで程よい具合にブリーチでイエローオレンジになっていた髪色を抑えつつ、少しくすみかかったミルクティー色になります。


カットはボブベースに多目のレイヤーを入れて表面の動きを出しやすくしました。 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

<<前ページ          ブログTOP          次ページ>>